Home2021-07-16T15:42:19+09:00
エントリーフォームへ

非営利経済団体

一般社団法人茨城県経営者協会

Recruit特設サイト

[正規職員・事務企画職・採用人数0名]

キャリア採用・新規学校卒業者

【受付終了】
沢山のご応募ありがとうございました。
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

“非営利組織とは一人ひとりの
 人と社会を変える存在である”

P.F.ドラッカー

『Managing the Nonprofit Organization』1990

[新着情報] 2021.7.16【受付終了】沢山のご応募ありがとうございました。
2021.7.5 採用担当者Blogを更新!
2021.5.13 Recruit特設サイトをオープン!

非営利経済団体—Non-Profit Economic Organization

一般社団法人茨城県経営者協会

設立1947年7月8日

ミッション—Our Misson

地域社会・経済の持続的発展と
労使関係の安定に寄与する

募集要項&FQAへ
エントリーフォームへ

活動領域—Area Of Activity

—地域社会・経済の持続的発展と労使関係の安定に寄与する

【Ⅰ】

学びと交流

●経営者の相互研鑽の「場」の創出

●経営力を高める講演会の開催

●マネジメント力を高めるセミナーの開催

●“ゲンバ力”を養う視察会の開催

●若手経営者の感性を研ぎ澄ます活動の創出

etc.

【Ⅱ】

情報提供

●安定した労使関係構築のため調査研究の実施

●適切な労使交渉のため賃金水準調査の実施

●「働き方改革」に関する調査研究の実施

●企業としての気候変動対策取組み事例の紹介

●経営に必要な各種情報をメルマガにて毎月配信

etc.

【Ⅲ】

相談

●協会顧問弁護士による常時相談体制の完備

●「士業ネットワーク」による常時相談体制の完備

●「士業」=社労士、司法書士、行政書士、税理士etc.

etc.

【Ⅳ】

採用支援

●高校の進路指導教員との懇談会開催

●県内大学において学内合同企業説明会開催

●採用支援サイト「イマカラナビ」の運営

etc.

【Ⅴ】

政策提言とアドボカシー

●約150の審議会等への委員の派遣と意見表明

●産業活性化策、規制緩和等の政策提言

●県行政幹部、市町村首町との意見交換実施

etc.

【Ⅵ】

意見交換と相互理解の促進

●労働組合(連動茨城)との定期懇談会の開催

●県知事、市町村の首町、行政機関との定期的な懇談

●市民団体、NPOとの意見交換の実施

etc.

【Ⅶ】

社会貢献活動の啓発

●「茨城における企業行動憲章」の啓発活動

●「安全安心なまちづくり」運動の推進

●「かけこみ110番」ポスター掲示の要請

etc.

【Ⅷ】

若年者の就業意識向上

●県内3大学への「寄付講座」の設置(2007年以降継続)

●インターンシップ受入企業の開拓

●教育を主テーマとする審議等への委員派遣

etc.

これまでの特徴的な活動—Archives

—経営者と伴に企画し、提案し、実現していく

1006, 2021

アイリスオーヤマ 会長 大山健太郎氏「いかなる時代環境でも利益を出す仕組み」

大山健太郎氏は1945年生まれ、大阪で父親が経営していたプラスチック加工の大山ブロー工業所(1991年にアイリスオーヤマに社名変更)を、父の死に伴って1964年、19歳で引き継ぐ。経営者を56年間と長きにわたり務め、生活用品メーカーからLED照明・家電メーカーに業容を拡大させる。危機のときに必ず業績が飛躍的に伸びるのはなぜか?15の選択で会社は根本から変わることを学んだ講演会。

2503, 2021

オンライン視察会inハウステンボス「withコロナ時代のテーマパークにおける集客策と感染症対策を学ぶ」

ハウステンボスは長崎県佐世保市にある17世紀のオランダの街並みを再現したテーマパーク。1992年開業、2010年4月からはエイチ・アイ・エス(H.I.S.)が経営権を取得し、半年後に黒字転換に成功。新型感染症の影響により、苦境に立たされる観光産業、テーマパーク事業にあり、幾度かの事業継続の危機を乗り越えてきたハウステンボスからWithコロナ時代における集客先と感染症対策の取り組みをオンラインで学ぶ視察会企画。

312, 2020

鹿島アントラーズFC社長兼メルカリ会長 小泉文明氏「エンタテイメント×テクノロジーが生み出す新しい経済圏」

2019年7月、フリマアプリ大手のメルカリが日本製鉄から鹿島アントラーズFCの経営権を取得。同年8月に当時メルカリの社長であった小泉文明氏がアントラーズの社長に就任。2020年2月、メルカリ・鹿島アントラーズは鹿嶋市と包括連携協定を締結し、地域資源を活用しながら地域経済活性化に寄与すべく、スマートシティ事業の推進など、地域課題の解決に向け取り組む事例に学んだ企画。

2510, 2019

筑波大学生と採用担当者との交流イベント~TSUKUBAカフェ

カフェにいるような雰囲気の中で気軽に情報交換を行うことで、会社説明会や面接では聞けない、話せない「ほんとう」のことを語り合うイベント。筑波大学内の食堂をお借りし開催しました。カフェには、「サザコーヒー」さん、「とむとむ」さんにご出展頂き、本物のコーヒーを提供して頂きました。

502, 2019

元サッカー日本代表監督 西野朗氏「組織を激変させるためのコミュニケーション」

2018年6月に開催されたサッカーワールドカップロシア大会において、決勝トーナメントへの進出を果たした日本代表。その日本代表を率いた西野朗元監督から「組織を激変させるためのコミュニケーション」と題してご講演頂いた。あの、ワールドカップの舞台で日本代表は如何に戦ったか、その極限状態での組織マネジメントに学ぶ企画。

1009, 2018

元プロ陸上選手 為末大氏「限界の正体~自分の見えない檻から抜け出す法」

『侍ハードラー』の異名をもつ元プロ陸上選手。そして、日本では未だに破られていない男子400mハードルの記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」を設立。「考え方を変えれば、結果は変わる!」アスリートからビジネスマンまで、ストッパーを消して、劇的にパフォーマンスが上げる心の操縦法について学んだ企画。

3108, 2018

日本経済団体連合会(経団連)SDGs本部長 長谷川知子氏「今、求められる企業行動を学ぶ」

日本経済団体連合会は、2017年11月に「企業行動憲章」を改訂し、「Society5.0の実現を通じたSDGsの達成」を副題に掲げ、企業がイノベーションを通じてSDGs(持続可能な開発目標)の推進を図ることで、更なる経済成長とビジネスチャンスの拡大がもたらさせる可能性があると示唆した。経団連が考える企業の持続的発展のための企業行動の指針を学ぶ企画。

一般社団法人茨城県経営者協会は、国連が定めた「持続可能な開発目標」=Sustainable Development Goals(SDGs)の理念に賛同し、
非営利活動を通じ貢献しています。

私たちが求める人財像・主な業務内容・労働処遇条件のご確認はこちらから。

募集要項&FQA

【受付終了】沢山のご応募ありがとうございました。

エントリーフォームへ

沿革—Our History

—70年を超える不断の変革と活動領域拡大の歴史

0

一般社団法人茨城県経営者協会設立

「県内における経営者の相互啓発と緊密な連携のもとに、労使関係の健全な発達及び産業経済の交流に寄与すること」を目的に発足された。

初代会長 竹内勇之助氏

茨城交通株式会社社長

(1947年7月~1961年7月)

0

日本経営者団体連盟(日経連)設立

茨城県経営者協会を含め地方経営者協会が主要な役割を果たし日本経営者団体連盟(現日本経済団体連合会=経団連)が設立された。

0

労務委員会(現労働企画委員会)の新設

労務問題に関する勉強会や情報交換を開催する。賃金調査等の労務管理情報の提供を主管することに。

第2代会長 小西嘉雄氏

日立工機株式会社社長

(1961年9月~1976年4月)

0

教育訓練委員会(現経営教育委員会)の新設

第一線で活躍する管理者層の育成を目的に新設された。後に、経営組織におけるトップからロワー層までの教育、研修を主管することに。

0

第3代会長 森岡道一氏

日立木材地所株式会社社長

(1976年4月~1977年12月)

0

第4代会長 青鹿明司氏

株式会社常陽銀行頭取

(1977年12月~1995年4月)

0

地域関係委員会の新設

「法人市民」として地域社会にどのような貢献ができるかを学び、意見を交わし、行動に移すことを目的に新設された。

0

青年経営研究会の発足

次世代の地域社会、地域経済の中核を担う若手経営者間の相互研鑽を行うことを目的に発足された。

0

第5代会長 石川周氏

株式会社常陽銀行会長

(1995年4月~2003年4月、
2003年4月名誉会長就任~現在)

0

環境委員会の新設

産業政策委員会の新設

「労務専管団体」から「総合経済団体」へ、組織が担う役割の拡大と深化を続ける。

0

第6代会長 関正夫氏

関彰商事株式会社社長

(2003年4月~2012年6月、
2012年6月名誉会長就任~現在)

0

科学技術特別委員会(現科学技術委員会)の新設

企業の科学技術の向上と、ものづくり企業を中心とするビジネスの拡大を担うことに。

0

第7代会長 鬼澤邦夫氏

株式会社常陽銀行会長

(2012年6月~2018年6月、
2018年6月名誉会長就任~現在)

0

創立70周年、記念式典を挙行

0

第8代会長 加子茂氏

株式会社日立ライフ社長

(2018年6月~2020年6月、
2020年6月名誉会長就任~現在)

0

第9代会長 寺門一義氏

株式会社常陽銀行会長

(2020年6月~現在)

協会概要—Association Profile

—地域社会・経済の持続的発展と労使関係の安定に寄与する

【名称】

一般社団法人茨城県経営者協会

【創立】

1947年7月8日

【会員数】

1,250社

(2021年4月末現在)

【会長】

寺門一義

(株)常陽銀行取締役会長

【副会長】

小濵裕正

(株)カスミ取締役会長

髙橋日出男

(株)協立製作所代表取締役会長

幡谷史朗

茨城トヨタ自動車(株)代表取締役社長

関正樹

関彰商事(株)代表取締役社長

館岡司

日立埠頭(株)取締役社長

岸本将

日本製鉄(株)東日本製鉄所鹿島地区執行役員副所長

澤畑慎志

(一社)茨城県経営者協会

【県北地区 支部長】

津村昭洋

(株)茨城サービスエンジニアリング代表取締役社長

【日立地区 支部長】※副会長兼務

館岡司

(株)日立埠頭取締役社長

【常陸・那珂地区 支部長】

柳生修

コロナ電気(株)代表取締役社長

【水戸地区 支部長】

斎藤貢

(株)水戸京成百貨店代表取締役社長

【土浦・石岡・つくば地区 支部長】

松上英一郎

関東鉄道(株)代表取締役社長

【取手・龍ケ崎地区 支部長】

梶尾伸明

キリンビール(株)執行役員取手工場長

【県西地区 支部長】

青木繁政

青木重機運輸(株)代表取締役

【古河・坂東地区 支部長】

小林太志

三桜工業(株)総務本部長

【鹿行地区 支部長】

権田昌二

鹿島石油(株)鹿島製油所常務取締役

【総務委員会 委員長】

西野英文

(株)常陽銀行専務執行役員

【労働企画委員会 委員長】

曽根徹

(株)日立製作所日立事業所長

【経営教育委員会 委員長】

篠原智

(株)筑波銀行代表取締役専務

【経営教育委員会 中小企業部会長】

皆川雅彦

社会保険労務士法人葵経営代表

【産業政策委員会 委員長】

櫻井直之

(株)小松製作所執行役員茨城工場長

【環境委員会 委員長】

荒井徹

キヤノンエコロジーインダストリー(株)代表取締役社長

【地域関係委員会 委員長】

長野公秀

東日本電信電話(株)茨城支店長

【科学技術委員会 委員長】

澤俊詩

キヤノン(株)執行役員取手工場長

【青年経営研究会 会長】

藤澤昭彦

(株)霞浦観光ホテル代表取締役

【政策委員】

栗山武志

栗山電気(株)代表取締役

【事務局】

茨城県水戸市桜川2-2-35
茨城県産業会館11階
TEL 029-221-5301

会員数の推移—Growth in the number of member companies

—積み重ねた信頼・活動成果の一つの結果としての会員数

1947年

104社

1960年

144社

1970年

332社

1980年

537社

1990年

738社

2000年

973社

2015年

981社

2020年

1234社

私たちが求める人財像・主な業務内容・労働処遇条件のご確認はこちらから。

募集要項&FQA

【受付終了】沢山のご応募ありがとうございました。

エントリーフォームへ

採用担当者の日常—Recruiter’s blog

—茨城県経営者協会Recruit担当職員の日常

「採用」という仕事

本日は梅雨の晴れ間、空調の効いた事務所から見る景色がとてもキレイです。 昨日までは雨、曇り空が続いていた分、清々しい気分です。 5月のGW明けから本格的に始動し始めた茨城県経営者協会職員採用ですが、活動開始から早2カ月になろうとしています。 [...]

晴天、土浦、役員会

梅雨明け、快晴、土浦、ローブKasumigauraでの役員会。 DX、カーボンニュートラル、経営者交流会…、沢山のアイディア。 アイディア(=シーズ)を実際の活動に展開していく仕事が、事務局員の仕事。 [...]

会員さんとの絆~お中元

本日は経営者協会創立74回目の創立記念日でした。 創立記念日とはいえ、特別な行事が行われる訳ではありませんが…。 経営者協会の会員の経営者と事務局員との絆は、営利で繋がっている訳ではなく、協会の理念・ミッションの達成で繋がる「人と人とお付き合い」です。 [...]

【企画事務】の仕事

茨城県経営者協会は明日(7月8日)、創立74周年記念日を迎えます。 1947年の協会設立から74年、経営者協会が活動する社会・経済環境は変化につぐ変化を続け、現在は経団連の言葉を借りますと「Society5.0」時代であり、その中で活動を行っております。 経済団体である茨城県経営者協会の活動は、社会・経済環境の動きに即応することが求められます。 [...]

研修・セミナーの動画編集!

ここ数日は雨が続いてますね。 今日は、事務所にて動画編集を行っておりました。 2020年、突如として世界を覆った新型感染症により、経営者協会の主要活動の一つ研修・セミナーの届け方も強制的に変革を求められました。 [...]

採用活動と就職活動を支援する活動

茨城県経営者協会では2010年から採用と就職活動の支援活動を行っています。 求人企業と就職活動を行う学生とマッチングさせるためのサイト「イマカラナビ」を運営したり、大学内での合同企業説明会を開催しています。 また、企業の採用力を高めるための「学び」の提供も行っています。 [...]

在宅勤務日~ITツールをフル動員

週の半分は事務所を離れ県内各地に出没する事務局職員ですが、今日は在宅勤務日です。 月曜日は、週初めのミーティングがありますが、在宅勤務日の私はオンラインでの参加です。 事務所と同じ作業環境に近づけるため、ITツールは最大限活用します。 [...]

県北地区支部役員幹事会

本日は茨城県経営者協会を構成する9つの支部の内、北茨城市、高萩市の会員企業が所属する「県北地区支部」の役員幹事会開催のため、「としまや」(北茨城市磯原)に出張でした。 6月の定時総会を前後して、9つの支部において、年度計画を話し合うための役員幹事会が順次開催されます。 職員は、担当支部(ちなみに、採用担当の私は県北支部、日立支部、土浦つくば支部の運営担当です!)の役員幹事会にて、起案した年度計画を説明する役目があります! [...]

「本物」の風格

どの世界にも「本物」と称される人、商品、サービスが存在します。 本日は、羊かんの世界で長きに亘り「本物」と称えられるブランド力を保ち続けている「とらや」の羊羹を、会員の経営者から頂戴しました! 「本物」が漂わせる風格。 [...]

サービスエリアの思い出

茨城県経営者協会事務局の職員数は11人。 11人で1250社の会員さん対して、活動のお手伝いと企画のご提案をしております。 全県下に立地されている会員さん、会員の経営者へのご訪問は、職員の日常業務です。 [...]

東日本大震災10年応援コンサート

本日は茨城県経営者協会を含め経済4団体共催によります「東日本大震災10年応援コンサート」を開催しました。 あの大震災から早10年。 人の意思の力、行動する力は本当に尊く、被災したインフラについては震災の傷跡が分からない程に復旧しました。 [...]

就職・採用イベントの企画立案~実行まで

本日は7月に開催予定の就職・採用イベントの打ち合わせのため筑波大学の就職課を訪問。 今回のイベント企画は、コロナ禍でオンラインが“主戦場”となった就職・採用活動において、いかに効果的に筑波大学生に求人情報を届けるか、そのポイントを学生を最前線で支援している方々からご講演頂くものです。 このイベントも企画の起案から、講師への依頼、実行まで事務局が担います。 [...]

ランチミーティング

今日は、全国に93施設ある国民宿舎のなかで、利用率27年連続NO.1「鵜の岬」にて、支部の役員を長きに亘りお務め頂いております経営者とランチミーティングでした。 この経営者とは時に、熱く、深く、鋭く、議論を交わします。 支部の運営について打ち合わせをしていたところ、いつの間にか話題が…、 [...]

定時総会、無事に開催!

6月10日、水戸プラザホテルにて、無事に茨城県経営者協会令和3年度定時総会が開催されました。 ワクチン接種が急速に進んではおりますが、コロナ禍での総会開催。 「密」を回避し、ソーシャルディスタンスも保ちながら、安全に開催することが必須条件でした。 [...]

明日は定時総会!

明日、6月10日、水戸プラザホテルにて、茨城県経営者協会令和3年度定時総会が開催されます。 全県下から約250名経営者のみなさまがご来場されます。 講演会講師は、日本を代表する経営者の一人、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長の大山健太郎様。 [...]

コロナ禍のイベント運営

今週木曜日、水戸プラザホテルにて、茨城県経営者協会令和3年度定時総会が開催されます。 全県下から錚々たる経営者のみなさまがご来場されます。その数およそ250名です。 講演会講師は、日本を代表する経営者の一人、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長の大山健太郎様。 [...]

「今はそんな時代じゃないですよ」…と言う前に一歩踏み出してみては。

近年、これまであたり前、これくらいは当然と考えられてきた様々な慣行が見直されてきています。 最も顕著な“慣行”の見直しは、「働き方改革」の根幹ともいえる、恒常的な残業と長時間労働の是正でしょう。 また労働時間の他にも、従業員同士の飲み会や接待、「職場対抗〇〇」という家族主義的な慣行も変わってきています。 [...]

長期勤続と熟練の大切さ

以前も書きましたが採用担当の私は、2003年4月大学卒業後直ぐに、非営利経済団体である茨城県経営者協会のフルタイム有給スタッフとして雇用され、社会人としてのキャリアスタートさせました。現在勤続18年目を迎えました。 「新規学卒者の一括採用」の慣行はまだ根強く維持されていますが、「年功序列」、「終身雇用」といった「日本的経営」は崩れ去った…と言われ始めて久しくなります。 確かに「年功序列」、「終身雇用」といった雇用慣行は、戦後の経済成長期には有効であったものの、現在の人口減少社会、DX社会には若干のすきま風が吹いていることは事実のようです。 [...]

ブレイクタイム

茨城県経営者協会は、1250社の会員企業と経営者の方々に支えられて運営しております。 感染症の影響で経営者協会の事務局(水戸駅南口徒歩5分)に足を運んで来られる経営者は、若干少なくなっておりますが、とてもありがたいことにご来局の際に“お土産”を頂戴することもあります。 さまざまな経験をされて来られたベテラン経営者は、“お土産”にも拘られる方が多いです。 [...]

広報活動

本日は、「インターンシップ受入先リストの公開」、新卒者向け求人企業LINKサイト「イマカラナビ」の公開日でした。 茨城県経営者協会が行っている非営利貢献活動について、広く地域社会の方々に知って頂き、活動に参画頂く経営者の輪を広げることは、非営利組織の「良き思い、良き活動」を永続化させるため大切な事務局の仕事です。 リリース文書を作成し、県庁4階にある記者室を訪問してきました。 [...]

大学への寄付講座in茨城キリスト教

本日は、2007年茨城県経営者協会創立60周年を記念し、これからの地域社会、地域経済を牽引する若者の育成に対し、経営者団体の有する資源を活用し貢献していく活動、「寄付講座」を提供し始めてから早14年、茨城キリスト教大学での講座運営を行いました。 「寄付講座」は、茨城キリスト教大学の他、茨城大学、常磐大学にも提供しており、各大学にて、茨城を代表する企業経営者が自らの経験をもとに、働くとは何か、企業を経営するとは何か、といった各経営者の考え方、理念により解が異なるテーマについて講演を頂いています。 事務局職員は、年間20~30名の企業経営者に大学にて講演頂くための依頼から、当日の運営までを行っています。 [...]

ねこアレルギー

自宅から会社まで自転車通勤、13分の道のり、歩いているねこを見つけては、立ち止まるほどねこ好きな私は、ねこアレルギー…。家族もまたねこアレルギー…。 ねこアレルギーでなければ、家で確実に同居したであろうねこ達とは、マスク完全装備で定期的にねこカフェで再会しています。 茨城県経営者協会が入居している茨城県産業会館は、水戸駅南口から徒歩5分。 [...]

新卒採用支援サイト&インターンシップマッチングサイト

今日は、6月1日オープン予定、茨城県経営者協会企画・運営の採用支援サイト「イマカラナビ」のオープンに向けて、求人企業の情報入力を行っていました。 会員企業に優秀な人材をUIJターン就職させることで、経済の活性化を目指しています! https://www.imakara-navi.jp/ [...]

昼ごはん

茨城県経営者協会の昼休みは12:00~13:00、一般的な企業と同じです。 昼休みは各自自由に過ごします。 お弁当を持ってくる職員もおりますが、私は事務所の周りにある飲食店で過ごすことが多いです。 [...]

月イチ読書会

今日は休日ですが、個人的に参加している読書会に参加。 読書家のみなさまに交ざり、本について語り合いました。 参加者同士が互いにおススメの本を持ち寄り、その魅力を語ります。 [...]

長期勤続の意味

採用担当を務めております私は、2003年4月に大学卒業後、新卒者として茨城県経営者協会事務局に入局しました。 学校から社会へ、第一歩目は非営利団体のフルタイム有給スタッフ(=正社員)としてのスタートでした。 非営利経済団体である茨城県経営者協会の有給スタッフは2003年当時も11人。 [...]

バッファロー製nasne

テレビよりもパソコン、スマホでYoutubeを見る時間の方が長くなってから久しく。 とはいえ、見たいコンテンツはまだテレビ放映されている。 ただ、録画してもパソコン、スマホで見れない。 [...]

Acer Nitro5

茨城県経営者協会では、コロナ禍においても経営者の学びを止めないため、講演会・研修のオンライン配信、動画配信を積極的に行っています。 ここ1年間で職員が講演会や研修の模様を撮影し、自ら動画を編集する機会が激増しました。 動画編集の相棒は、AcerのNitro5。 [...]

茨城大学と会員企業の共同研究を喚起する!

茨城県経営者協会では、大学の持つ優れた知見を、企業経営に活かし、新たな価値の創造および競争力の強化を目指し、茨城大学と経営者協会会員との共同研究を喚起する「Joint結」プロジェクトを実行中です! 今日も共同研究に参加を表明頂いた会員企業と、茨城大学の担当教員とのマッチングについて、大学側担当者の方々とのオンラインミーティングをしました。 コロナ禍がもたらした急速なオンライン化も、ほぼ定着した感があります。 [...]

在宅勤務日!

茨城県経営者協会では、昨年から感染症対策ため、そして「働き方改革」のため、週1回在宅勤務を行っています。 経営者協会の仕事は、経営者の相互研鑽の場づくり、経営力を高めるための人財育成、その手法としての講演会、研修、セミナー、視察会などなどの企画とその運営。 感染症対策から始まった在宅勤務制度。 [...]

6月10日、アイリスオーヤマ・大山会長をお招きします!

茨城県経営者協会では、経営者が経営力を磨くための講演会、研修、セミナー、視察会などなど、年間90回以上イベントを企画、運営しています。 来る6月10日は、協会のイベントとしては最大規模の「定時総会」は開催予定です。 総会開催を記念し開催される記念講演会では、講師にアイリスオーヤマ(株)代表取締役会長の大山健太郎氏をお招きし、「いかなる時代環境でも利益を生み出す仕組み」をテーマにお話し頂きます! [...]

視察会の思い出~アートサイト直島

一般社団法人茨城県経営者協会では、“百聞は一見に如かず”の言葉の通り、経営者の感性を磨くための視察会を全国の経営者協会の中でもトップクラスの研修内容と回数を提供しています。 私が担当事務局として企画から携わり実施した「高松丸亀町商店街復活の軌跡に学ぶ~ベネッセアートサイト直島の集客力に学ぶ」、2年前の企画ですが、会員の経営者10数名と行った視察会は、とてもとても楽しかった思い出が鮮明に思い出されます。 2020年は残念ながら視察会は開催出来ませんでした。 [...]

静岡の思い出

日本経済団体連合会(例団連)の地方別経済団体である「経営者協会」は全国都道府県にあります。 全国の「経営者協会」はそれぞれ自主独立した運営ではありますが、みな「仲間」です。 私は全国の多くの「経営者協会」に訪問させて頂いてきました。 [...]

私たちが求める人財像・主な業務内容・労働処遇条件のご確認はこちらから。

募集要項の確認へ

【受付終了】沢山のご応募ありがとうございました。

エントリーフォームへ

職員採用に関しますご質問、お問い合わせにつきましては、以下のフォームよりお願いします。
担当者から回答させて頂きます。

Go to Top