採用担当者の日常—
Recruiter Blog

採用担当者の日常を綴っています―Recruiter Blog

「採用」という仕事

本日は梅雨の晴れ間、空調の効いた事務所から見る景色がとてもキレイです。 昨日までは雨、曇り空が続いていた分、清々しい気分です。 5月のGW明けから本格的に始動し始めた茨城県経営者協会職員採用ですが、活動開始から早2カ月になろうとしています。 経営者協会の求人に対して、毎回本当に多くの方々に興味を持って頂き、有り難い限りです。 この活動にもそろそろ一区切り付けられそうです。 私が経営者協会に入局し、駆け出しの頃、某R社の創成期を築かれた御方に、社会人として、人として大事なことを、数え切れないほど会食を伴にさせて頂きながら、教えて頂きました。 キャリア18年目となった今でも、駆け出しの頃に教えて頂いたことの数々が、働く上での、生きる上での羅針盤、指針となっています。 この方との出会い、教えを授けて頂いた濃密な時間は、私の人生にとって何事にも代えがたいものです。 そして、某R社ご出身の御方から教えて頂いた、「会社を成長させるためにやるべきこと(優先順位)」を、今自分が「採用」という仕事に携わりながら、思い返しています。 御方曰く、 最も重要なことは、「(自社にとって)求める人材を採用すること」 2番目に、「社員間のコミュニケーションを良好にすること」 3番目に、「人事異動を行うこと」 最後に、「教育すること」。 駆け出しの頃の私は正直、この説の真の意図は理解できませんでした。 自分なりに「何か優先順位が違うのでは」とも感じました。 そして18年後の今、御方に教えて頂いたことの奥深さを痛感しています。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

晴天、土浦、役員会

梅雨明け、快晴、土浦、ローブKasumigauraでの役員会。 DX、カーボンニュートラル、経営者交流会…、沢山のアイディア。 アイディア(=シーズ)を実際の活動に展開していく仕事が、事務局員の仕事。 その分野におけるトップの講師を見つける。 打診する。 下準備をする。 実際に開催する! 0から1を創る仕事。 事務局員の仕事。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

会員さんとの絆~お中元

本日は経営者協会創立74回目の創立記念日でした。 創立記念日とはいえ、特別な行事が行われる訳ではありませんが…。 経営者協会の会員の経営者と事務局員との絆は、営利で繋がっている訳ではなく、協会の理念・ミッションの達成で繋がる「人と人とお付き合い」です。 協会の理念・ミッションは、 「地域社会・経済の持続的発展と、 労使関係の安定に寄与する」です。 地域社会・経済の持続的発展のため、会員の経営者と事務局員は、様々な「活動」の企画、立案、実行までを一緒に行います。 何度も、何度も、一緒に「活動」を伴にすることで、会員の経営者と事務局員の間には、深い絆が育まれていくのです。 本日は「絆」の一つの証、お中元を頂戴致しました! ありがたいです。感謝されることが率直に嬉しいです。 サザコーヒーさんの「将軍ICEコーヒー」です! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

【企画事務】の仕事

茨城県経営者協会は明日(7月8日)、創立74周年記念日を迎えます。 1947年の協会設立から74年、経営者協会が活動する社会・経済環境は変化につぐ変化を続け、現在は経団連の言葉を借りますと「Society5.0」時代であり、その中で活動を行っております。 経済団体である茨城県経営者協会の活動は、社会・経済環境の動きに即応することが求められます。 社会・経済・企業が求めることを、活動内容に取り入れ、具現化していく、これが【企画事務】のお仕事になります。 本日は、新規ホームページ立ち上げの企画書作成に取り組んでいます。 新規ホームページ、8月にはオープンできるか!? -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

研修・セミナーの動画編集!

ここ数日は雨が続いてますね。 今日は、事務所にて動画編集を行っておりました。 2020年、突如として世界を覆った新型感染症により、経営者協会の主要活動の一つ研修・セミナーの届け方も強制的に変革を求められました。 それまで研修・セミナーは、対面・リアル会場での開催することに何ら疑うことがなかった世界から、オンラインでの学びを併用することがあたり前の世界に変わりました。 経営者協会職員の仕事もここ1年間半で大きく変わり、その変わる仕事に対応した新たなスキル=動画編集スキルが備わりました! 初めは、未経験の動画編集の操作に慣れることに精一杯でしたが、今ではキャプションの付け方も工夫を凝らすまでに。 新しいスキルの獲得、新しい学びには、不安や抵抗感がどうしても付きまとうものですが、「えいっ!」とやってみれば、何事もそこに楽しさがあるものです。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

場所を選ばない働き方~筑波大学内のスタバにて

今日は一日中雨でしたが、イベントの打合せで筑波大学にお伺いして来ました。 打合せも順調に進み、事務所に帰って仕事の続きでも…、でもその前に…。 大学内のスターバックにて、アイスコーヒーを片手に、タブレットを広げ、仕事をしてみました! なるほど! ホームである事務所で落ち着いて仕事するのも良いですが、アウェーである筑波大学内のスタバで仕事をするのも新鮮な気分になれます! 「知」の香り漂う大学内のスタバでタブレットに向かうだけでも、新しいアイディアが出てきそうです(実際は…?)。 たまには、場所を選ばない働き方を自分で創り出すことも、新しい風を吹き込むため必要なことだと思います。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

採用活動と就職活動を支援する活動

茨城県経営者協会では2010年から採用と就職活動の支援活動を行っています。 求人企業と就職活動を行う学生とマッチングさせるためのサイト「イマカラナビ」を運営したり、大学内での合同企業説明会を開催しています。 また、企業の採用力を高めるための「学び」の提供も行っています。 本日は、来週開催予定のオンラインセミナーの準備作業です。 来週は、筑波大学教授の五十嵐浩也先生に「コロナ禍における新卒就活生の動向について学ぶ」をテーマにご講演頂き、セミナーに参加頂いた経営者、採用担当者の方々との情報交換を行って頂く予定です。 事務局員の仕事は、当日遅滞なくセミナーが進められるように、細かな点を確認していくことが求められます! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

ご入会の手続きに、つくばに

本日は朝から雨でしたが、心は晴々と、つくばに出張。 今日のお仕事は、新たに経営者協会にご入会頂ける企業・経営者への協会活動のご説明ならびに、ご入会の手続きでした! 茨城県経営者協会の会員数は1253社。 会員数で全国ベスト3に入る規模です。 おかげさまで、会員さんから新しくご入会頂ける企業・経営者をご紹介頂けるケースが多いです。 本日も会員からご紹介頂き、新たにご加入頂ける経営者と面会を行って来ました。 昼食は、つくば市のホテルグランド東雲の「海鮮焼きそば」でした! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

朝のルーティーン、読書

仕事開始前の過ごし方は千差万別、人それぞれです。 私は朝のルーティーンは、少し読解が難しい本を読むことです。 社会・経済の動向については、新聞にサッと目を通し、事実を吸収します。 その後は、経済学、社会学、哲学といった、少し難しい分野の本を時間を掛けて、理解する時間としています。 大学時代の先生に、 「学問は原則や、法則性、事実を教えてくれるが、 なぜ人は生きるのか? の問いには答えを与えてくれない。 なぜ人は生きるのか? 人生に価値はあるのか?については、 一人ひとりが答えを見つけていかなければならない。 だから、学び続けなさい。」 と教えて頂いてから、 社会人となってからも朝のルーティーンとしています。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

セミナー・研修の企画、実行に向けて

今日は経営者協会職員のオーソドックスな仕事の一つ、セミナー・研修の企画と、実行に向けての下準備を行います。 経営者向けのセミナー・研修の実行までは、 ①企画立案=情報収集が欠かせません! ②起案=なぜこのテーマの研修が求められているのかをプレゼンします! ③講師への依頼=いつ、どこで、何を、どのようなスタイルで、を正確に伝えます! ④講師との打合せ=有意義な研修とするための詰めの作業です! ↓ ⑤実行!となります。 これから③講師への依頼を行います。 著名なスポーツ選手に講師依頼をするケースもあり、直接お話しできるのも、事務局職員の面白いところです。 今回のセミナー・研修のテーマは「BCP(事業継続プラン)」です! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

在宅勤務日~ITツールをフル動員

週の半分は事務所を離れ県内各地に出没する事務局職員ですが、今日は在宅勤務日です。 月曜日は、週初めのミーティングがありますが、在宅勤務日の私はオンラインでの参加です。 事務所と同じ作業環境に近づけるため、ITツールは最大限活用します。 事務所のパソコンと同期しているSurfaceをデュアルディスプレイ化し、 オンラインミーティング用にZoomに接続するためのタブレットPC、 電話対応用のスマホ、 「働き方改革」のためには、使えるものは全て使う! 今欲しいモノは、ソーダストリームです…。 仕事には関係ないか…。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

県北地区支部役員幹事会

本日は茨城県経営者協会を構成する9つの支部の内、北茨城市、高萩市の会員企業が所属する「県北地区支部」の役員幹事会開催のため、「としまや」(北茨城市磯原)に出張でした。 6月の定時総会を前後して、9つの支部において、年度計画を話し合うための役員幹事会が順次開催されます。 職員は、担当支部(ちなみに、採用担当の私は県北支部、日立支部、土浦つくば支部の運営担当です!)の役員幹事会にて、起案した年度計画を説明する役目があります! “人と人とのお付き合い”ができる非営利経済団体での仕事は、役員の経営者からの率直なご意見を頂戴し、起案した企画をさらに良いものにしてゆく過程も楽しいものです。 今日も良いご意見を頂戴出来ました! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

「本物」の風格

どの世界にも「本物」と称される人、商品、サービスが存在します。 本日は、羊かんの世界で長きに亘り「本物」と称えられるブランド力を保ち続けている「とらや」の羊羹を、会員の経営者から頂戴しました! 「本物」が漂わせる風格。 口に入れる前から「間違いない味」が明確にイメージできます。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

サービスエリアの思い出

茨城県経営者協会事務局の職員数は11人。 11人で1250社の会員さん対して、活動のお手伝いと企画のご提案をしております。 全県下に立地されている会員さん、会員の経営者へのご訪問は、職員の日常業務です。 私も20代の頃から、茨城県内と隣県を車で横断して続けています。 茨城県は水戸=県庁所在地を起点として県北、県南、県西に高速道路が敷設されています。 高速道路に乗りさえすれば、おおよその場所には1時間30分程度で到着できる恵まれたインフラ環境です。 高速道路で移動することの多い私は、サービスエリア・パーキングが大好きになりました。 サービスエリア・パーキングに駐車するとほっとします。 安全運転のためにも、細目にサービスエリア・パーキングに駐車します。 地域ごとのサービスエリア・パーキングに駐車する時、特にキャリア初期の頃の嬉しかった思い出や、苦い思い出などが蘇ってきます。 これからも「うれしい」気分でサービスエリア・パーキングに駐車できるようにがんばります! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

東日本大震災10年応援コンサート

本日は茨城県経営者協会を含め経済4団体共催によります「東日本大震災10年応援コンサート」を開催しました。 あの大震災から早10年。 人の意思の力、行動する力は本当に尊く、被災したインフラについては震災の傷跡が分からない程に復旧しました。 このコンサートは経済界としてのメセナ活動の側面もあり、2011年に生まれた小学生もコンサートに招きました。 全ての人に芸術、文化に触れてもらい、人としての豊かさを享受頂くことも、経済団体の社会貢献です。 私も事務局の一人として参加させて頂きましたが、本当に素晴らしい演奏でした。 震災から10年掛かって復旧し、更にこれからの10年で復興を行う原動力を音楽からもらった気がします。 経営者協会ではこのような文化イベントも企画、運営しています。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

就職・採用イベントの企画立案~実行まで

本日は7月に開催予定の就職・採用イベントの打ち合わせのため筑波大学の就職課を訪問。 今回のイベント企画は、コロナ禍でオンラインが“主戦場”となった就職・採用活動において、いかに効果的に筑波大学生に求人情報を届けるか、そのポイントを学生を最前線で支援している方々からご講演頂くものです。 このイベントも企画の起案から、講師への依頼、実行まで事務局が担います。 ちなみに、筑波大学就職課のご協力頂く本イベントの起案は、採用担当を兼務しております私が行い、自ら筑波大学就職課へ講師ご派遣のお願いに伺いました。 打ち合わせが始まり、担当教授と就職課の職員の方と、オンラインが前提となった社会について熱く語っている際に、ふと…。 オンラインが前提と言いながら、経営者協会職員の私が、こうしてリアルに大学に訪問し、直接熱く議論を交わしている…、この状況は一体!? ということに私を含め教授と職員の方が「あっ…」と脳裏に浮かんだ瞬間、 教授から、 「リアルに会って、話しをするという行為は、人間にとって信頼を築くためには不可欠なもの」 と自己矛盾を回避する見解を頂戴しました! 「会う、ということは、信頼を築くため」 スッキリしました。 7月のイベント開催に向けて詰めの作業を行います。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

仕事終わりに趣味が楽しめるか

このRecruiter's Blogでは何度か触れております、趣味のゴルフ。 入社直後に会員の経営者にお誘い頂いたことをきっかけに、大切な趣味の一つに加わりました。 趣味とはいえ、入社から10年以上、ゴルフ練習場に行くのは決まって土日。 「働き方改革」が進む中で、退社してから食事を済ませ、22時まで開いているゴルフ練習場に行くことは時間的には可能でした。 ですが、18時頃帰宅、夕食を済ませ、20時過ぎにゴルフ練習場に行くようになったのは、ここ数年のことです。 ふと、時間的制約は変わらず、ゴルフに対する想いもさほど変わらず、なぜ退社後に趣味を楽しめるようになったのか? 大きな変化は、経営者協会という一つの職場での勤続年数も長くなり、これまで蓄えた知識と経験で、仕事上の多くの出来事に対処が出来るだろう、という自信が芽生えたことだと思われます。 以前は、ほんの少しのイレギュラーが発生しただけでも、心が動揺し趣味どころではありませんでしたが、イレギュラーも数多く経験することで、「レギュラー」の範疇に入れられるようになり、結果、心の安定に繋がって来たのだと思います。 茨城県経営者協会という設立から74年、安定した雇用を提供している会社に所属し、長期勤続の域に近づく中で、趣味を通じて、心の変化を俯瞰できた1日となりました。 「退社後に趣味を楽しめるか」 これは人生を豊かにするという点で重要なポイントだと私は思います。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

在宅勤務日、デュアルディスプレイ化

今日は在宅勤務日でした。 月曜日、朝の打ち合わせにはオンラインで参加しました。 慣れてしまえば、オンラインでの打ち合わせにも不便を感じることは少なくなりました。 通常はSony製のVaioで仕事を行うのですが、 在宅勤務で行う仕事の種類によって、会社から支給されているSurfaceを使うこともあります。 Surfaceのディスプレイは10インチ程なので、1日中小さな画面を見続けるのは大変です。 そこで、USBからHDMIへの変換コードを使い、23インチディスプレイに繋ぎ、 Surfaceをデュアルディスプレイ化しました。 人間は環境に適応する生き物です。 私も在宅勤務をいかに生産的に行うかにおいて、適応し続けています! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

ランチミーティング

今日は、全国に93施設ある国民宿舎のなかで、利用率27年連続NO.1「鵜の岬」にて、支部の役員を長きに亘りお務め頂いております経営者とランチミーティングでした。 この経営者とは時に、熱く、深く、鋭く、議論を交わします。 支部の運営について打ち合わせをしていたところ、いつの間にか話題が…、 日本的経営とその根底にある経営家族主義についてに…、 そして、これからの新入社員にこれまで同様に経営組織で「家族」の役割を担ってもらえるものか、についてに。 平日のお昼。 鵜の岬には、多くのご年配の方々がランチを楽しむ中、一つのテーブルだけ、急速に議論の温度が上がっていきました…。 刺激の多い職場、茨城県経営者協会事務局です。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

定時総会、無事に開催!

6月10日、水戸プラザホテルにて、無事に茨城県経営者協会令和3年度定時総会が開催されました。 ワクチン接種が急速に進んではおりますが、コロナ禍での総会開催。 「密」を回避し、ソーシャルディスタンスも保ちながら、安全に開催することが必須条件でした。 開催から1夜明けて、総会開催の模様が新聞に掲載されました。 明日から気持ちを新たに、総会で承認された計画を着実に実施していきます! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

明日は定時総会!

明日、6月10日、水戸プラザホテルにて、茨城県経営者協会令和3年度定時総会が開催されます。 全県下から約250名経営者のみなさまがご来場されます。 講演会講師は、日本を代表する経営者の一人、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長の大山健太郎様。 今日は、職員全で明日の準備を行っております。 配布資料、出席者名簿の整理、司会原稿、受付表示物の作成などなど。 茨城県経営者協会での仕事の多くは、イベントの下準備です。 当日は、事務局員ではなく、会員企業の経営者が主役となります。 私たち職員は「何事もなく、普通に」イベントが進行されるように、前日までに準備を整えておくことが大切な仕事となります。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

コロナ禍のイベント運営

今週木曜日、水戸プラザホテルにて、茨城県経営者協会令和3年度定時総会が開催されます。 全県下から錚々たる経営者のみなさまがご来場されます。その数およそ250名です。 講演会講師は、日本を代表する経営者の一人、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長の大山健太郎様。 今日は、プラザホテルの図面とにらめっこしながら、当日ご参加される経営者の「動線」を確認していました。「ここに受付を配置し、消毒液はここに、検温は入り口で、“密”が出来そうな箇所の流れをいかにスムースにするか…」と一人でぶつぶつとシミュレーションを繰り返してます。 コロナ禍でのイベント設営、これまでのやり方の抜本的に見直すきっかけともなっています。 Withコロナ、ですが、早くワクチン接種が全国に行き渡ることを期待しています。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

「今はそんな時代じゃないですよ」…と言う前に一歩踏み出してみては。

近年、これまであたり前、これくらいは当然と考えられてきた様々な慣行が見直されてきています。 最も顕著な“慣行”の見直しは、「働き方改革」の根幹ともいえる、恒常的な残業と長時間労働の是正でしょう。 また労働時間の他にも、従業員同士の飲み会や接待、「職場対抗〇〇」という家族主義的な慣行も変わってきています。 「そんな時代じゃないですよ」 確かに、変えるべき悪しき慣行は、リーダーが決意を持って徹底的に改革すべきと思います。 …とはいえ、「悪いか」「良いか」を経験せずに即座に決めてしまうのも、一人ひとりが楽しく充実した人生を過ごす、という視点からは、勿体ない気もします。 2003年、「そんな時代じゃないですよ」がまだ会社生活において、今ほど多用されていなかった時代、私は入社して数カ月で、 担当エリアの経営者に「ゴルフコンペを開催するなら、事務局職員のあなたも参加しなさい」と言われ、 私は「いや、ゴルフクラブを持っていないので…」と答えると、 経営者は「私の使っていないクラブをあげるからそれは大丈夫だ!じゃあ、コンペに出れるね!」とあっさりと、私の逃げ口上を塞がれました。 そして、4月に入社、数カ月後には、名立たる経営者の方々と一緒にゴルフコンペに出ることになったのです。 今なら「そんな時代じゃないですよ」と言われそうなエピソードですが、 半ば強引にお誘い頂いたゴルフは、今ではレッスンに通う程の楽しい趣味になりましたし、 何より、経営者の方々と「顧客」と職員として接するだけではなく、 共通する趣味の「仲間」として接して頂ける関係を築けるようになったことは、 私にとっては人生を豊かにする一つの大切な出来事でもありました。 「今はそんな時代じゃないですよ」…という前に一歩踏み出してみれば、そんな嫌なことだけが起こるとは限らないかもしれません。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

長期勤続と熟練の大切さ

以前も書きましたが採用担当の私は、2003年4月大学卒業後直ぐに、非営利経済団体である茨城県経営者協会のフルタイム有給スタッフとして雇用され、社会人としてのキャリアスタートさせました。現在勤続18年目を迎えました。 「新規学卒者の一括採用」の慣行はまだ根強く維持されていますが、「年功序列」、「終身雇用」といった「日本的経営」は崩れ去った…と言われ始めて久しくなります。 確かに「年功序列」、「終身雇用」といった雇用慣行は、戦後の経済成長期には有効であったものの、現在の人口減少社会、DX社会には若干のすきま風が吹いていることは事実のようです。 私は「新規学卒者の一括採用」で3月卒業4月入社で社会人をスタートさせ、「年功序列」的「能力主義管理」の人事制度の下で処遇が決まり、おそらくこのまま定年まで、茨城県経営者協会という一つの会社でキャリアを終えることを現時点ではイメージしていることから、結果的「終身雇用」になりそうです。 その意味では、茨城県経営者協会での働き方は、モデル的「日本的経営」に限りなく近い形と言えそうです。 先日、新入社員から18年に亘り深くお付き合いさせて頂いております経営者から「ゴトウちゃん、うちの役員に現在の人事賃金制度のトレンドがどうなっているかをプレゼンしてくれないか?自社だけの通用する“常識”ではなくて、さまざまな企業経営を見聞きしているゴトウちゃんから、“一般常識”を役員に伝えて欲しんだ」との依頼がありました。 このような依頼はたまに頂くので、その瞬間、瞬間は感慨深い気持ちになることはありませんでした。 しかしながら、現在採用活動を行っている中で、自分の働き方は他者(他社)に比べてどうなのか?を念頭に置いて仕事をいると、 新入社員の頃は、まずは服装のことから、挨拶の仕方、顧客企業への出入りの仕方、目上の方との食事の仕方…などなど、社会人としての「一般常識」を会員企業の経営者の方々から直接指導頂いておりましたが、18年を経て、社会人としての基礎の基礎の部分を指摘して下さった同じ経営者から「役員に現在の賃金制度のトレンドをプレゼンして欲しい」、といったご依頼を頂くということは、長期勤続の下で一つの専門領域について熟練度を高めていく人事制度が生み出したエピソードだと感慨深く思います。 さて今日は、プレゼンに向けて求められているデータ類を整理します。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

在宅勤務、SONY製VAIOを相棒に

  本日は週に一度の在宅勤務の日です。 私の個人所有のパソコンは、『SONY製』VAIO(SVT15119CJS)です。 VAIO(SVT15119CJS)は、2013年発売、 Intel第3世代(Ivy Bridge)のCore i7、window8、MicrosoftOffice搭載のノートパソコンです。 2021年3月にIntel第11世代、Rocket Lakeが発売されましたが、さすがに8世代の前のCPUであることを知ると、時の流れを感じます。 時の流れを感じると言えば、今の若者にとっては、VAIOはVAIOであって、SONYのVAIOという認識があまりないことです…。 それもそのはず、私がSONY製のVAIOを買った翌年、2014年2月6日にSONYはパソコン事業を日本産業パートナーズに売却し、SONY製のVAIOは姿を消したからです。もうVAIOがVAIO株式会社製になって7年も過ぎていたのですね。 私が子供の頃はSONY製のCDプレイヤー、MDプレイヤー、テレビなどなどに憧れたものです(当時は他社ブランドよりも若干高かった)。 社会人となり給与の中から、ちょっと無理をして子供の頃に憧れていたSONY製のノートパソコンをケーズデンキで買った時のワクワク感は今でも忘れられません。 少し動作も遅くなったSONY製のVAIOですが、もうしばらく活躍してもらいます。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

ブレイクタイム

茨城県経営者協会は、1250社の会員企業と経営者の方々に支えられて運営しております。 感染症の影響で経営者協会の事務局(水戸駅南口徒歩5分)に足を運んで来られる経営者は、若干少なくなっておりますが、とてもありがたいことにご来局の際に“お土産”を頂戴することもあります。 さまざまな経験をされて来られたベテラン経営者は、“お土産”にも拘られる方が多いです。 とくに“お土産”のお菓子は、この職業を選択していなければ、口にすることはなかったのでは…、と思う程の選りすぐりの逸品を頂戴することがあります。 そんな時は…、一瞬で空箱に変わります! 美味しいお菓子は何歳になっても楽しいものです。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

広報活動

本日は、「インターンシップ受入先リストの公開」、新卒者向け求人企業LINKサイト「イマカラナビ」の公開日でした。 茨城県経営者協会が行っている非営利貢献活動について、広く地域社会の方々に知って頂き、活動に参画頂く経営者の輪を広げることは、非営利組織の「良き思い、良き活動」を永続化させるため大切な事務局の仕事です。 リリース文書を作成し、県庁4階にある記者室を訪問してきました。 さて、明日、マスコミ各社からの取材があることを期待して、待ちます。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

大学への寄付講座in茨城キリスト教

本日は、2007年茨城県経営者協会創立60周年を記念し、これからの地域社会、地域経済を牽引する若者の育成に対し、経営者団体の有する資源を活用し貢献していく活動、「寄付講座」を提供し始めてから早14年、茨城キリスト教大学での講座運営を行いました。 「寄付講座」は、茨城キリスト教大学の他、茨城大学、常磐大学にも提供しており、各大学にて、茨城を代表する企業経営者が自らの経験をもとに、働くとは何か、企業を経営するとは何か、といった各経営者の考え方、理念により解が異なるテーマについて講演を頂いています。 事務局職員は、年間20~30名の企業経営者に大学にて講演頂くための依頼から、当日の運営までを行っています。 今日の講演者は、水戸市内で生花店を営む、憧れ花のアトリエの池田誠子代表。起業に至る決心からコロナ禍での経営まで、赤裸々にお話頂きました。 このような実体験に基づく企業経営の講演を聞き、大学時代の学びをより一層深め、地域経済を支える人材になって頂きたいと思いながら、運営を行っています。 本日は、インターンシップ受入企業リストの公開、新卒者向け求人LINKサイトの公開、と若年者の教育・育成に関わる仕事の一日でした。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

ねこアレルギー

自宅から会社まで自転車通勤、13分の道のり、歩いているねこを見つけては、立ち止まるほどねこ好きな私は、ねこアレルギー…。家族もまたねこアレルギー…。 ねこアレルギーでなければ、家で確実に同居したであろうねこ達とは、マスク完全装備で定期的にねこカフェで再会しています。 茨城県経営者協会が入居している茨城県産業会館は、水戸駅南口から徒歩5分。 昼食を求め駅ビルに寄る時は、駅ビルオーパの「モフアニマルカフェ」を覗き見ています。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

次なる活動のための学び

本日は鹿嶋セントラルホテルで開催された「茨城新聞政経懇話会」に参加させて頂きました。 講演会の講師は危機管理教育研究所代表の国崎信江氏。 テーマは「命を救う~身近な防災の心得」。 今は採用担当を務めております私ですが、 通常は、労働企画委員会、地域関係委員会の企画・運営を行っています。 とくに本日受講した講演会は、 企業と地域社会との共生を深める活動を主管する地域関係委員会に活かすための学びです。 有意義な活動を企画するためには、情報収集、学びは不可欠です。 良い企画を立て、社会的に意義ある活動を行うため、職員も学びます! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

新卒採用支援サイト&インターンシップマッチングサイト

今日は、6月1日オープン予定、茨城県経営者協会企画・運営の採用支援サイト「イマカラナビ」のオープンに向けて、求人企業の情報入力を行っていました。 会員企業に優秀な人材をUIJターン就職させることで、経済の活性化を目指しています! https://www.imakara-navi.jp/ また20年以上続けている、大学・短大・専門学校生向け、夏休みインターンシップ受入企業の取り纏めも同時並行し作業を行っています! インターンシップ受入企業実習先リストのホームページ上での公開も6月1日です。 若年者の育成、就職についても社会貢献と位置づけ、非営利活動として行っています。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

昼ごはん

茨城県経営者協会の昼休みは12:00~13:00、一般的な企業と同じです。 昼休みは各自自由に過ごします。 お弁当を持ってくる職員もおりますが、私は事務所の周りにある飲食店で過ごすことが多いです。 本日は、事務所からちょっと離れていますが徒歩で「からあげ からやま」に。 新メニュー「からあげ坦々つけ麺」。 しっかりとしたスープです。 「からあげ屋のつけ麺…」と思った方、想像以上に美味しいです! また明日も…。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

月イチ読書会

今日は休日ですが、個人的に参加している読書会に参加。 読書家のみなさまに交ざり、本について語り合いました。 参加者同士が互いにおススメの本を持ち寄り、その魅力を語ります。 今日のおススメ図書の中には、 サイモンシン「フェルマーの最終定理」や、 谷津嘉章「さらば戦いの日々」、 マイケル・ソントン「水戸維新」、 ヨシタケシンスケ「にげて さがして」、 などなど幅広いジャンル、幅広い問題意識のもとで本が紹介されました。 ちなみに、私のおススメの本は、 福澤諭吉著、齋藤孝訳「文明諭之概略」でした。 福澤諭吉が150年前の日本人に向けて叫んだ、 自主独立の精神。 今にも通じる叫びがこの本にあると思ってます。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

長期勤続の意味

採用担当を務めております私は、2003年4月に大学卒業後、新卒者として茨城県経営者協会事務局に入局しました。 学校から社会へ、第一歩目は非営利団体のフルタイム有給スタッフ(=正社員)としてのスタートでした。 非営利経済団体である茨城県経営者協会の有給スタッフは2003年当時も11人。 新入社員はまずは協会事務局の自分を除く先輩10名に仕事のやり方、立ち振る舞いを教えて頂く訳ですが、今思えば、私は非常に恵まれたキャリア形成のスタートを切れたのは、1,000社を超える会員の経営者の方々に「社会人として大切なこと」を教えて頂けたことが大きかったです。 企業に勤める従業員が、顧客と接するという感覚とは若干異なるのが、非営利団体の職員と会員企業の経営者との付き合いです。 非営利団体は「人と社会を変えるための存在」であり、茨城県経営者協会は、地域社会・経済の持続的発展と労使関係の安定に寄与するため、1,250社の企業と企業経営者が活動しています。 企業と企業経営者が必要と思われる活動を行うため協会が作られ、活動を広く、深くしていくために私のような有給スタッフが雇用されています。 事務局員が接する企業経営者は、同じミッションを達成するためのいわば「同志」のような感覚なのです。 私も2003年4月入局より早18年。 新入局員の頃から私の成長を見守って頂いている方々も多くおられます。 写真は昨年末、全くゴルフの道具に拘りのない私が、10年以上前に中古で3万円で購入したクラブをボロボロになりながらも使い続けているのを見かねた、18年のお付き合いの経営者が使われていたクラブを頂戴したものです。 直ぐにはなかなか築き難い人と人との信頼関係を5年、10年、15年と長い時間を掛けて築いていく仕事、茨城県経営者協会での仕事は長距離走です。 資本主義社会の世界において、人と人とのしっかりとした関係を築ける仕事が非営利経済団体にはあります。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

バッファロー製nasne

テレビよりもパソコン、スマホでYoutubeを見る時間の方が長くなってから久しく。 とはいえ、見たいコンテンツはまだテレビ放映されている。 ただ、録画してもパソコン、スマホで見れない。 この悩みを解決してくれるのが「バッファロー製nasne」! ソニーが開発し、このたびバッファロー社が製造・販売を引き継がれました。 nasneはハードディスクレコーダーですが、wifiに繋ぐことで、パソコン、スマホでも、録画したコンテンツを視聴出来るようになります。 予約販売を開始すると、1日経たずに完売していた人気商品ですが、このたび私も購入することが出来ました! これで「オオタニサーン!」をスマホでも見れるようになります。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

Acer Nitro5

茨城県経営者協会では、コロナ禍においても経営者の学びを止めないため、講演会・研修のオンライン配信、動画配信を積極的に行っています。 ここ1年間で職員が講演会や研修の模様を撮影し、自ら動画を編集する機会が激増しました。 動画編集の相棒は、AcerのNitro5。 Intel Corei7にGeForceGTX1650を搭載しています。 2時間の研修動画の編集もスッキリできます。 そしてなぜかSteamも搭載してます…。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

茨城大学と会員企業の共同研究を喚起する!

茨城県経営者協会では、大学の持つ優れた知見を、企業経営に活かし、新たな価値の創造および競争力の強化を目指し、茨城大学と経営者協会会員との共同研究を喚起する「Joint結」プロジェクトを実行中です! 今日も共同研究に参加を表明頂いた会員企業と、茨城大学の担当教員とのマッチングについて、大学側担当者の方々とのオンラインミーティングをしました。 コロナ禍がもたらした急速なオンライン化も、ほぼ定着した感があります。 オンラインミーティングに対して、何の違和感も感じなくなってます。 さて、大学の叡智が会員企業に加わることで、より良い商品・サービスが生まれることを期待しています! そのための裏方作業、喜んでやります。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

在宅勤務日!

茨城県経営者協会では、昨年から感染症対策ため、そして「働き方改革」のため、週1回在宅勤務を行っています。 経営者協会の仕事は、経営者の相互研鑽の場づくり、経営力を高めるための人財育成、その手法としての講演会、研修、セミナー、視察会などなどの企画とその運営。 感染症対策から始まった在宅勤務制度。 1年以上在宅勤務制度を継続してみて、経営者協会の仕事と在宅勤務は親和性が高いことに気がつきました。 1947年の設立以来、社会経済の変化に対応し、企業経営に役立つ活動を提供し続けてきたからこそ、現在の多角化した活動領域となっています。 活動領域の多角化の歴史は、新規事業の創造の歴史でもあります。 新たなアイディアを創造し、新規事業を考えるには、正直自宅が適しています! これからも経営者協会事務局は「働き方改革」に取り組んでいきます! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

6月10日、アイリスオーヤマ・大山会長をお招きします!

茨城県経営者協会では、経営者が経営力を磨くための講演会、研修、セミナー、視察会などなど、年間90回以上イベントを企画、運営しています。 来る6月10日は、協会のイベントとしては最大規模の「定時総会」は開催予定です。 総会開催を記念し開催される記念講演会では、講師にアイリスオーヤマ(株)代表取締役会長の大山健太郎氏をお招きし、「いかなる時代環境でも利益を生み出す仕組み」をテーマにお話し頂きます! 日本経済を牽引する一流の経営者に直にお会いし、お話を直接お聞き出来るのも、経営者協会での仕事の醍醐味です。 事務局職員としても、大山会長のお話を直接お聞き出来ること、とても待ち遠しいです。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

視察会の思い出~アートサイト直島

一般社団法人茨城県経営者協会では、“百聞は一見に如かず”の言葉の通り、経営者の感性を磨くための視察会を全国の経営者協会の中でもトップクラスの研修内容と回数を提供しています。 私が担当事務局として企画から携わり実施した「高松丸亀町商店街復活の軌跡に学ぶ~ベネッセアートサイト直島の集客力に学ぶ」、2年前の企画ですが、会員の経営者10数名と行った視察会は、とてもとても楽しかった思い出が鮮明に思い出されます。 2020年は残念ながら視察会は開催出来ませんでした。 今年は感染症が終息し、また全国の優れた取り組みを行っている“ゲンバ”に訪問したいものです。 個人的には、トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設する「ウーブン・シティ(Woven City)」が完成した際には、ぜひ経営者の方々と視察したいと思ってます! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

静岡の思い出

日本経済団体連合会(例団連)の地方別経済団体である「経営者協会」は全国都道府県にあります。 全国の「経営者協会」はそれぞれ自主独立した運営ではありますが、みな「仲間」です。 私は全国の多くの「経営者協会」に訪問させて頂いてきました。 とくに印象深かったのが静岡の「仲間」に、古き良き伝統を守る静岡の街を案内頂いたことです。 「緑茶ハイ」ではなく「静岡割り」。 肴は「おでん」。 また全国経営者協会の「仲間」たちに気兼ねなく会いに行ける日が来ることを待ち望んでます。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

「伝説のすた丼」すた丼肉飯増しトリプル!

筑波大学就職課と筑波大生の就職・採用イベントの打ち合わせ後に、つくば市内で「伝説のすた丼飯増しトリプル!」、すた丼肉飯増し+肉飯増し×2(重量1.4kg)に挑戦しました! 結果は…。 本当に悔しい負けでした…。 大盛チャレンジメニュー、以前はイケたのにな~、と思う今日この頃です。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

結果的「ソーシャルディスタンス」な職場に!

茨城県経営者協会の事務所は、水戸駅南口徒歩5分の茨城県産業会館11階にあります。 写真は経営者協会事務局の執務室です。 2年程前に事務所のレイアウトを一新しました。 事務所のレイアウト刷新プロジェクトも、私が担当を務めました。 事務所のレイアウト変更時のキーコンセプトは、 「働き易く、ストレスが少ない事務所」でした。 「働き易い」については、全職員のデスクを幅広の“大きな”モノに入れ替えました。 「ストレスが少ない」については、職員間の距離を程良く保ち、互いに干渉し合わない距離感にしました。 このようなキーコンセプトのもとレイアウト刷新を行ったところ、 “たまたま”経営者協会の事務所は、結果的に「ソーシャルディスタンス」が保たれる職場となっていました。 -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

Recruit特設サイトを開設しました。

一般社団法人茨城県経営者協会事務局・採用担当の後藤です。 Recruit特設サイトを開設しました。 茨城県経営者協会での仕事は、 非営利=営利を目的としない長期的、継続的な活動の企画、運営である、 ことを理解され、じっくりと業務に向かえる方、 を求めています。 エントリー第1次〆切は2021年5月31日17:00を予定しています。 多くの方のご応募をお待ちしております。 写真は経営者協会事務局が入力しています茨城県産業会館(水戸駅南口徒歩5分)11階からの景色です。 胡蝶蘭は、会員企業さんから頂戴し“自然”のまま育てています。 胡蝶蘭も自然体では太陽に向かって、花を咲かします。 事務所の窓際は日当たりが良いので、毎年元気な花を咲かせ、楽しませてくれます。 ちょうど今満開を迎えています! -一般社団法人茨城県経営者協会 採用・求人担当 後藤

応募方法—Entry

—地域社会・経済の持続的発展と労使関係の安定に寄与する

ご応募は【エントリーフォーム】より必要事項を送信願います。

【募集期間】

2021年7月1日(木)~7月16日(金)17:00
【受付終了】沢山のご応募ありがとうございました。

・エントリー頂きました方から順に選考プロセスにお進み頂きます。
予定しております期間前に募集を終える場合がございます。

【選考方法】

・書類選考
・筆記試験
・面接(2回:担当者面接、役員面接)

【選考開始から採用までの期間】

約2週間を予定

私たちが求める人財像・主な業務内容・労働処遇条件のご確認はこちらから。

募集要項の確認へ

一般社団法人茨城県経営者協会事務局、
職員採用にご応募頂ける方は、以下のエントリーフォームよりお願いします。

エントリーフォームへ

職員採用に関しますご質問、お問い合わせにつきましては、以下のフォームよりお願いします。
担当者から回答させて頂きます。